人気ブログランキング |

術後丸3年です

3年前の今日、宮崎にあるブレストピアなんば病院にてFUS(MRIガイド下集束超音波手術)という新しい手法の乳がん手術を受けました。
この手術は当時、おそらく今も治験段階にあり、日本ではMRIのデータが豊富なこの病院が選ばれて参加していました。

乳がんの知識ゼロ、標準治療という言葉も知らず、父の葬儀を済ませて心身ともにまいっていた私はがんに向き合うことなく、なんとなく切りたくないという思いでこの手術に飛びついていました。

あれから3年、前回の検査では特に変化なしとのこと。
ただ術後の違和感はいまだに消えず、照射した部分の腫れはまだ残っています。
新しい手術は症例が少ないため、自分の状態がどうなのか、本当に不安になります。
このFUSという手術は昨年末に子宮筋腫への適用が厚生労働省に認可されたとのこと。
MRIの機械の中でうつぶせに寝ているだけで痛みもなく日帰りです。
筋腫の70%~80%を照射することでQOLが改善し、その後も問題ないとか。

がんのような悪性腫瘍への適用はまだ時期尚早という気がしますが、こうした体に負担の少ない手術が増えてくることは歓迎したいですね。 

ただがんについては原始的ではありますが、医師が目で病巣を確認することも大事だと思います。
私は自分の手術を後悔はしてはいないものの、爆弾を抱えてこれからも過ごしていくのだなと覚悟しています。

体は色々なシグナルを発しているはず。いつもと違うと感じたら、どうか自己判断で済ませないでお医者様に相談してくださいね。 
by midori_ta | 2010-09-26 06:06 | 日常

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る