人気ブログランキング |

がんと上手に付き合って生活するために 癌研一般公開講座

今日は小雨の中、有明にある癌研有明病院が主催する一般公開講座に参加してきました。
内容は主に乳がん患者さんを対象としたもので、化学療法の基礎知識、 術後の生活の工夫、 化学療法と付き合うためのヒント、緩和ケアについてなどの講演がありました。
内容的には一般向けのわかり易いものでした。 いつものとおり、面白いと思った点のみ記録しておきます。

1.癌研では化学療法を行う際に吐き気などの副作用を抑える治療に力を入れている。
個人的に化学療法治療未経験なのでわかりませんが、AC療法を行う際に、カイトリル+デカドロン(両方とも吐き気止め)を併用、その後もデカドロン、ナウゼリン、カイトリルなどをとることで吐き気を抑えているとのこと。
但し、デカドロンはステロイドのお薬なので不眠症などの副作用がでることがあるので要注意。

2.抗がん剤は飛躍的に進化しており、今後も新薬は色々出てくる予定。 近いところでは; アブラキサン(アルブミン結合パクリタキセル)、ジェムザール(すでに認可)、 アバスチン(大腸、膵臓がんでは既に使用)、またゼローダとタイケルブの組み合わせなど、既存の薬の組み合わせ治療にも期待。
また骨転移治療で使われるゾメタを超えると言われるのがデノスマブというお薬で1-2年には認可されるのではということ。

その他、抗がん治療に付随する副作用対策についても色々アドバイスがありました。 しびれや浮腫にはやはり肌の保湿対策がいいようです。 市販されているクリームで十分なのでたっぷり塗ると良いとのこと。 あと血管痛はなかなかいい対策がないのですが、温めると若干緩和されるケースもあるとのことでした。

有明病院は初めてでしたが、建物も新しくガン専門病院ということもありスタッフの方のレベルもとても高い印象を受けました。 残念ながら転院は受け付けていないということですが。
今日のセミナーもほぼ満席。 隣に座った女性も乳がん患者さんでした。 彼女もこうしたセミナーには積極的に参加しているとのこと。 <ガンの情報ばかり集めるのも重たいけど、やはり治療の現状は知りたい>と仰ってました。 自分の治療を理解するためには、ガン医療を知ることが必要です。 私もこのブログを通してまた色々発信できればと思っています。

今日の収穫。 ガン医療は間違いなく進化していること。 体に優しい新薬もこれから沢山でてくるでしょう。 頑張りましょうね~!
by midori_ta | 2010-03-06 18:36 | 日常

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る