アディーの命日

今日5月31日は先代猫アディーの命日です。
9年前の早朝、私が寝入ってしまった間に息を引き取っていました。
17歳と2か月?(野良ちゃんなので正確な年はわかりません)
初めての猫でした。
犬派だと思っていた私でしたが、猫の魅力にすぐにノックアウト。
本当に可愛くて夜遊びもせず、仕事が終わるとできるだけ早く帰ってきたものでした。
大きな病気もなく過ぎてきたのに、気が付けば乳がんがかなりの大きさになっていました。
お腹をさわらせない子だったのが残念です。
手術で一時的に回復したものの、すぐに肺転移、転移してから1ヶ月でなくなりました。
未だに手術が良かったのかどうかわかりません。
ただあの時はそれがベストと思い決断したこと。
アディーと過ごした17年間は私にとっての宝物。
あの世で会えるのを楽しみにしています。
まだもう少し待っていてね。

c0211194_6341257.jpg

[PR]
# by midori_ta | 2015-05-31 06:34 | 日常 | Comments(2)

第三の故郷?

週末を利用して神戸に行ってきました~。
会社を辞めてからほとんど毎年のように神戸に住む後輩の家を訪ねてきましたが、
彼女が結婚したことや、震災もあり、このところなかなか伺うことができなかったので
それはそれは楽しみにしていました。 静岡、札幌についで第三の故郷となりつつあります。
当初3月に行く予定だったのが、予想外のインフルエンザでキャンセルとなり
5月になったのです。

まずはいつものA先生の悶絶内臓マッサージを受けました。
4年ぶりくらいだったのですが痛さは相変わらず。
でも施術後はすっきり。 胃が疲れているとのご指摘、ただし体全体は今までで一番
いいとのお墨付きをいただきました。
夜は友とワインを飲みながら語り合いました。
介護、仕事、などなど話題はつきません。 
振り返れば20年以上のお付き合い。
その間、お互い色々なことがありましたが、今が平穏で健康であることに感謝。

翌朝は恒例六甲山ウォーキングへ。
ほとんどが登り坂。 でも意外に疲れを感じることなくついていきました。
帰りの下りの方が怖かったかな?
山の上からの神戸港の景色は素晴らしかった~。

c0211194_1064081.jpg

神戸大学構内の階段。 こんな道が沢山待っていました。

c0211194_1073391.jpg


午後は三宮、元町あたりを散策し、中華街でご主人が合流して夕食を。
胃が疲れていたので控えめに。
c0211194_1075346.jpg

フロイントリーフは学生時代以来かな? 震災後、教会を改築してお店にしたようです。 
ここのパンやクッキーは美味しい!
c0211194_108791.jpg


こうして楽しいお休みはあっという間にすぎていきました。
日常を離れて気の合う人と過ごす時間は大事ですね。
旅は自分をリフレッシュできる時間。
次は幼少時代をたどって岐阜へ行ってみたいと思っております。
[PR]
# by midori_ta | 2015-05-26 10:12 | 日常 | Comments(2)

日曜日のスロジョグ

毎週、日曜日の午前中はスロジョグするのが習慣に。
先日は亀戸天神へ藤の花を見にいってきました。
そして今日は初めてのスカイツリーへ。
我が家からは直線で約3.2キロ。
遠くからでもかなり大きく見えるのですが、もっと近くで見てみようと。
下から眺めるスカイツリーは迫力満点。
でもね、個人的には東京タワーの方が好きだな~。

9時に家を出たのですが、すでに日差しも強く暑かったです。
これからは暑さ対策が大変ですね。
ゆっくり、ゆったり楽しく走るがモットー。
スカイツリーに着いたものの、ソラマチはまだ開店前。
それなのに沢山の観光客が。
人ごみが苦手なので、すぐにUターン。

途中、友達の経営するカフェに寄ったり、寄り道しながら帰りました。
往復約6キロ、歩きも入りましたが完走しました~。
c0211194_13355845.jpg

[PR]
# by midori_ta | 2015-05-17 13:37 | 日常 | Comments(0)

体を鍛える

この1年くらい真剣に自分の体と向き合ってきました。
足指骨折から腰椎ヘルニア、すべり症、脊椎狭窄症などなど、体のコアがやられてきました。
痛みがある間は運動はできないので、とにかくストレッチしながら固まらないように。
ある程度のところで、落ちた筋肉を取り戻すべく運動開始となりました。
最初は重力の負担のない水の中での歩行、アクアビクス。
そしてようやくヨガやストレッチのクラスへ。
昨年の春あたりからはスロージョギングを開始。
思った以上に走れる自分に感動しました。
早く走らなくてもいいから長く走ること、辛いときもありますが、知らない街を走ったり発見も多く楽しんでます。

そして昨年秋には太極拳のレッスンをスタート。
優雅な動きに見えますが、もとは武術です。
一つ一つの動きの中に意味があり、すっかりその魅力に取りつかれました。
その際に感じたのは体幹の重要性。
コアマッスルがないと、あのしなやかなゆったりとした動きはできません。
c0211194_916379.jpg

写真は私の師匠、北京体育大学出身の金先生。 本当にうっとりする動きです。

そして始めたのがピラティスです。
地味な運動ですが、これは確実に体を変えていくと思います。
あらゆる運動に必要な体幹を鍛えること、これが怪我の予防につながると確信しました。

一昨日も階段を踏み外し、もう少しで前のめりに転びそうになったのですが、ぐっとお腹に力を入れて踏ん張ることが出来ました。 一年後、どんな体になっているのかな? 
割れる腹筋とまではいいませんが、引き締まった体をめざして頑張ります。
[PR]
# by midori_ta | 2015-05-16 09:17 | 日常 | Comments(2)

久々にノックアウト

私はかなりの量の本を読んでます。
ただジャンルはかなり偏っており、推理もの、あるいは今学んでいるグリーフケアに関する専門書が多いのですが、先日本屋で目に留まった一冊。
小池真理子さんの<沈黙のひと>という文庫本。
彼女の本は何冊か読んだことありますが、どちらかというと恋愛ものが多くて苦手でした。
ただ、この本は父と娘を描いているとあり手にとってみたのです。

う~ん、読み進むほどに数年前の介護の頃がよみがえります。
そして次の一節で完全にノックアウトされました。
引用します。
<私は傲慢だった。 自分の人生を生きるだけで必死だった。 流れていく時間の残酷さを知らなかった。
目を向けていたのは、自分の中を流れ、渦を巻く時間についてだけであり、同じ時間が、まるで加速度がついたかのように、老いゆく者の中を流れていることからは、半ば意識的に目をそむけていた。 見ないようにし、考えないようにしてきた。 なんとかなると信じようとし、信じたいあまりに、自分自身をうまくごまかしてきた。
そして気がつくと、父は何も話せなくなっていたのだった。文章にして書くことも、叶わなくなっていたのだった。
私は生まれて初めて.....恥ずかしいことに、五十をすぎてからやっと...自分の父親に真剣なまなざしを向け、見つめ、その人生を自分なりに解釈しようとし始めた時、すでにその人は車椅子の中でうつむき、沈黙していたのであった。>

8年前の私です。 ここまで適格に表現されると何だか不思議なくらい。
一気に読み終えました。
内容は敢えて触れませんが、娘の父親への愛情、後悔、なんとなく心に沁みる本でした。
読みながら涙するなんて久しぶりでした。
亡き父をしみじみ想った一日でした。
[PR]
# by midori_ta | 2015-05-11 18:34 | Comments(4)

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧