<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お世話になりました~

泣いても笑っても2010年も今日で終わり。
明日からは2011年のスタートです。

c0211194_10542745.jpg


お節もようやく終わりました。
姪の栗きんとんも上手にできています。
黒豆は今一つ納得いかないのですが、まあまあの出来かな?
照りを出すのが難しいですね。
写真のお重の他に、数の子、なます、あとは練り物、昆布しめがあります。
二人だけなので十分すぎるくらい。
お正月3が日は何もしないで過ごしたい~。

2010年は皆さまにとってはどんな年でしたか?
いいことも、悪いことも、悲しいことも、嬉しいことも、皆今日で一旦区切りをつけて
明日からの新しい年のスタートを切りたいと思います。

皆様にとりまして幸せで笑顔の一年となりますように。
来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-31 10:55 | 日常 | Comments(8)

一年を振り返って

今年一年を振り返って一つだけ自慢できること、それは<ヨガ>のレッスンを続けたこと。
思えば今年1月4日の初レッスンから今日の最終レッスンまで、指のけがなどで多少休んだことはありましたが、基本週一回のレッスンは続けてきました。

継続は力なり、本当です。
肩回りや股関節まわりはずいぶん柔らかくなりました。
嘗蹟膿胞症の後遺症もあり、関節が固いのは仕方ないのですが、それでも少しずつ改善すればと始めたヨガ。 肩こりや冷えにも効果ありです。

そして何よりも呼吸の仕方を意識するようになったこと。
深く吸って吐く、吸うより吐くことを意識して長く吐くこと。
これだけで血圧が下がりますよ。
リラックス効果もあります。 

来年も続けていきます。
心も体もしなやかに保つ、これが目標です。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-29 16:15 | 日常 | Comments(4)

師が走る季節

今年もいよいよあと4日。
なのにエンジンがかかりません。
いつものように会社に行って午前中だけ仕事、そのあと以前から約束していたトラネコさんちに遊びに行ってきました。
彼女の2匹の猫ちゃんに会いたかったのです。
春頃遊びに行って、その可愛さにノックアウトされました。
1歳を少し過ぎたくらいの2匹の兄弟はあいかわらずの愛らしさ。
私は茶白のはっちゃんのファンなんです。
この子は本当にマイペース。 猫じゃらしのおもちゃをくわえて持ってくるんですよ。
とにかく遊ぶのが大好き。トラネコさんいわく、<親戚の子供>のような存在なんですって。
c0211194_21485088.jpg

(ピーピー鳴くはちみつ君ことはっちゃんです)

レオ君はご覧のように超美形。
とっても可愛い子です。お兄ちゃんらしく、はっちゃんより慎重かな?
トラネコさんの良き相棒です。

c0211194_21492175.jpg

(レオ君です)

そんな2匹にたっぷり癒されてきました。

トラネコさんとは病気のこと、親のこと、仕事のことなど、いろんなお話をしました。
何となく自分と近い空気を感じます。

明日は仕事おさめ。 いよいよお節の準備にかからなくては。
といっても黒豆と煮物、なますくらいかな?
黒豆がチャレンジなんですよ。 頑張ってみます。
少し風邪気味なのでこじらさないように早く寝ることにしま~す。

皆様も無理なさらぬように....
[PR]
by midori_ta | 2010-12-27 21:52 | 日常 | Comments(4)

39年ぶりの再会?

今日は天皇誕生日、東京は風は若干あるものの快晴です。
お昼にマンションの下見に人が来るので、朝からお掃除に励んでいました。
気の毒な花火は、他人が入ってくるのが耐えられず、終日ベッドの中にもぐりこんでいます。

さて私はこの日、静岡より高校時代の友人が上京。横浜に住む別の同級生と青海で待ち合わせとなりました。 静岡の友人とは最近交友が復活したのですが、横浜に住む彼女とは39年ぶりの再会です。 もっとも結婚式で会っているらしいのですが記憶に残っていません。
とにかくかなりあっていないことは事実。

待ち合わせ場所はヴィーナスフォート。
大半が若者です。 久しぶりに会った友人はさすがに年月を感じさせる風貌の変化はありましたが、高校時代の話になるとタイムスリップしてしまいますね。
一人一人覚えていることが違うので、新しい思い出がよみがえってきます。
10代の一番多感な時期をともに過ごした仲間。
女子高だったこともあり、かなり濃密な時間を共有してきました。

母も亡くなるまで女学校の友人と電話したりお昼を食べたり、友達といるときが一番楽しいと言ってました。これだったのね、と今更ながら実感。

2時間半、何を話したか覚えてませんが、よく笑いました。
今日はこの後、例のVoice of Japanのゴスペルコンサートに出かけます。
忙しいけれど、久しぶりに笑顔の一日になりそう。

ちょっと早いけどMerry Christimas!
[PR]
by midori_ta | 2010-12-23 15:48 | 日常 | Comments(4)

天使になった友へ


先日ブログ仲間でがん友のKちゃんから、同じくがん友のPさんが亡くなったことを知らされました。直接お会いすることなく逝ってしまわれたPさんに心よりご冥福をお祈りします。

思えば今年の8月にはブログを通して知り合った<シセのマミーさん>も天に召されました。
ブログでも書きましたが、彼女の生き方、死に様は見事でした。 

これは彼女がブログの中で同じ病の友を亡くした時のメッセージ:
**************************************
(略)

覚悟はしていたけれど
一緒に出掛けようという約束も果たせず
そして、彼女の位牌に手を合わす事も出来ない

残像だけが、ふっと過ぎる
「死んだ女より哀れなのは 忘れられた女」
と書いたのはマリー・ローランサンだったか
私は彼女を覚えている
長い人生の中の、一刹那

現実はシビアだ
総室で一緒だった方達は一年足らずで
皆、先に逝ってしまった

<死は生の延長線上にある 
長い生と短い生があるだけで
ちょうどいい死などない>
コレは作家・南木佳士の本に書かれていた言葉だったと思う

*************************************
今、この言葉が心にしみます。
私は貴方達を忘れません。

<シセのマミー>さん、Pさん、お二人とも直接お会いすることがかないませんでした。
<シセのマミー>さん、天国でシャンパンを飲もうと約束しましたね。 一足さきにPさんと乾杯しておいてください。貴女の娘さんは部活頑張ってますよ。時々メールでお話ししてます。安心してくださいね。

お二人のこと、いつまでも忘れません。

心よりご冥福をお祈りします。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-22 20:48 | 医療 | Comments(0)

医師との出会い

私が尊敬する南雲先生のブログから先生のある日のメッセージを転記しました。
ここに集う乳がんの患者さんに読んでいただけたら。
最近TVで良く見かけます。イメージと実物の先生はかなり違うかも。
手術の腕は確かです。 乳がん学会で先生のデモビデオを拝見して感動しました。
とても熱い先生です。
彼に出会えたことも私の宝物かも。

ご興味のある方はこちらをご覧くださいね。


(なぐも先生のブログより抜粋)

Aさん
あなたが人間関係が元で会社を辞めたことは恥ずかしいことでも悪いことでもないんだよ
あなたとあわない人間もいるしあなたのことを良いと言ってくれる人間もいるんだから
あなたが鬱になったのも恥ずかしいことでも申し訳ないことでもないんだよ
鬱もあなたの感受性なんだから個性の一つです。僕はあなたのことをとても素敵だと思っているよ
あなたが乳癌になったことも恥じでも人生の汚点でもないんだよ
鬱が個性なら乳癌も個性です

人は誰も生きていることは当たり前
健康であることも明日があることも当たり前だと思っている
でも乳癌になってあなたは感じました
自分は死ぬかも知れないこと、明日がないかも知れないこと
そして今感じているよね
生きていることのありがたさ、今日があることのありがたさ
そしてあなたを応援してくれている人のありがたさを

そんなあなたは輝いていると思う

周りの人は乳癌でありことをなぜ公開するのか
やめておけ、恥ずかしい、というかもしれない
その気持ちは分かります。僕もかつてはそう思っていたから
病気は悪いもの、健康でないことは恥ずかしいこと

でも僕は乳癌の体験者の方と会っているうちにあることに気づきました
乳癌を体験した人の生活の方が自分を健康だと思っている人の生活よりよっぽど健康的なことを
乳癌を体験した人の心の方が自分で正常だと思っている人の心よりもきれいなことを
そして乳癌を体験した人が光り輝くように美しいことを

そのことを世の中の人の知らせたい
乳癌は病気、病気は悪いもの、悪いものは恥ずかしいこと、恥ずかしいことは隠すべきこと
という偏見をなくしたい
病気は悪いことばかりではない、良いこともいっぱいある
乳癌をきっかけにこんなに輝いている人がいることを

Aさんあなたは輝いているよ。素敵だと思う。誇りに思うよ。
乳癌はあなたの個性です

[PR]
by midori_ta | 2010-12-17 21:26 | 医療 | Comments(7)

家族の想い

今日、会社に取引先の方が一人の同僚を連れていらっしゃいました。
何となく聞こえてくる会話から、この方の奥様がつい最近乳がんと告知されたようです。
ご主人は何をすればいいのか、どう接していけばいいのか、乳がん体験者の同僚と話していました。
近くを通りかかった際に呼び止められ、結婚している立場の体験者として話してと言われました。

3年前の暑い夏、病院から帰った私から<乳がん>と告げられた夫はどういう気持ちだったのでしょう? あまりその時のことについて触れたこともありません。

私の心理状況はどうだったか?
そう、必要以上に気を遣われてもいやだし、何もなかったかのように扱われても不満だったし、かなりわがままだったのでは?

妻を気遣うその男性に<話したい時はいつでもここにいる>ことを伝えてあげてください、と話しました。 多分、彼女は一人で恐怖や不安と闘っていて、ある時期までは誰も助けてあげれないけど、必ず病と向き合う勇気が出てくるはず。 こんな優しいご主人が側にいれば大丈夫。

患者も苦しいけど、家族も同じように闘っているんですよね。
ともすると忘れがちになるけど、ここまで支えてくれた家族、友人に改めて感謝です。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-14 21:45 | 医療 | Comments(2)

今年も残りわずかとなりましたね

今年も気づけば12月半ば近く、いよいよ終わろうとしています。
年を重ねるにつれ時間のたつのが早くなってきているような気がします。
何かの番組でこの感覚を科学的に分析していましたが忘れてしまいました.....

今やコンビニはお正月もあいていますし、スーパーやデパートさえも2日にはオープンする便利な時代。 でも一方でお正月らしさがどんどんなくなっていくような気も。
お節を作る家も少なくなってきたようですね。
子供の頃母は晦日の夜遅くまでお節を作っていました。(大晦日には完成していました) 煮しめや田作りなど子供にとってはあまり美味しいと思えないものばかり。父が施設に入った後はさすがにお節はやめてしまいましたが、それまでの数十年間作り続けていました。両親亡きあと、お正月に帰る家もなく、我が家で過ごすことになったわけですが、少しずつお節を作り始めています。といっても自分たちが好きなものが中心ですが。  

先週の金曜日に姪っ子夫婦とご飯を食べたのですが、彼女はお節を作るらしいのです。
昨年は何と錦たまごまで作ったとか。 そこで今年は一緒に作ることになりました。
私は黒豆を担当。 さてうまくいくでしょうか? 

今年一年を振り返って思うこと。
何といっても仕事を始めたことが大きな収穫でした。 それも金融とまったく関係のない分野でわたしがやりたかった<がん患者の就労支援>関係の仕事です。 来年はもっと範囲を広げていく予定。
お正月から始めたヨガも続いています。 当初の週2回は無理ですが、週一のペースでヨガを、そして週末にピラティスに近いトレーニングを受けてきました。 筋肉は使えば必ず鍛えられます。年齢には関係ありません。 
できなかったことは、海外旅行かな? 来年はどこかに行きたいな~。

とりあえず来年の目標はあとにして、年賀状作りでも始めます。
年末に向けてラストスパートですね。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-12 08:07 | 日常 | Comments(0)

ケアフード クリスマス パーティ

真面目にブログの更新が続いております。

さて今日はケアフード クリスマス パーティなるものに出席してまいりました。
昨年の秋、ブログでも紹介したのですが、料理研究家の辰巳芳子先生のご提唱のもと、飯田橋にあるエドモントホテルのフレンチレストラン石原シェフの考案で、ケアフードのフルコースなるものをいただきました。 その模様は小学館が出している美味サライで紹介されました。
その記事を読まれた前千葉県立がんセンター会長であられた竜先生が主旨に賛同され、現在理事長をつとめるNPOが中心となって、このケアフードをもっと世間に広めていこうと活動されてます。 
そして今日はNPO主催のケアフードランチブッフェ付きのクリスマス会となりました。
25種類のメニューをケアフードと普通食両方味わうことができます。

会場にはNPO関係者、がん患者さん、その家族など総勢68名が和気あいあいとランチを楽しみました。
私の父も亡くなる半年前くらいから嚥下障害がおこり、食事はほとんどミキサー食でした。
味はともかく見た目がね....看護師さんも<これは食べる気しないね>と語ったほど。
ちょっとした心遣いでミキサー食でも美味しくいただけることが実感できました。

<あ~あ、食いしん坊のお父さんに食べさせてあげたかった.....>

また会に参加した知人で、現在乳がんからの骨と脳転移の治療を受けている女性は、薬の影響で食欲が無いときでも、このお料理は美味しくいただけますと語っていました。

c0211194_1863671.jpg



食は単に食べればいいのではなく、体の細胞の一部となる大切なもの、奥が深いです。
写真は携帯で撮ったものなので非常にわかりづらいですが、上にあるマグカップに入っているのはミキサー状のパンです。 本当にパンの味がしました。私のお気に入りは野菜のジュレです。 一つ一つが素材の味がしっかり味わえます。赤ちゃんの離乳食にもいいかもしれません。

ご興味ある方はこちらにレシピが乗っていますのでご参考になさってくださいね。
ファースト・フード全盛の現代、食を見直す必要性を強く感じます。

健康な体はバランスのいい食事から、みなさんは大丈夫ですか~?
[PR]
by midori_ta | 2010-12-08 18:13 | 医療 | Comments(3)

断捨離 ~その後~

以前にもブログに書きましたが、2月の末に引っ越しが決まり、本格的に荷物整理モードに突入しております。
かなりの物を整理してきました。
衣類、バッグ、など、これまで人にあげたりしてきたのですが、今回は神戸にあるリサイクルショップに郵送し、その売上げを動物保護団体に寄付していただくプログラムに参加しました。送料は自分持ちですが、何かの形で援助したいと思っていたので一石二鳥かと。
そして、そのショップはなんと私の友人、ハンドルネーム<こうべっこ>さんのすぐご近所、私ものぞいたことのあるオレンジスリフティーさんというショップでした。これも何かのご縁ですね。動物保護団体のみならず、他のチャリティーにも参加できます。ご興味のある方はHPを覗いてみてください。

一番頭を悩ませたのが、いただきものの未使用で賞味期限の切れた食用油でした。
今更開けて固めて捨てるのもしんどいし、どうしようと考えていました。
絶対に何か再利用ができると思い、ネット検索したところ、引き取ってくださる会社を発見しました。 エコライフアシストさんという静岡にある会社です。 こちらに6缶+2本のボトルいりの食用油を送らせていただきました。 無駄にすることなく処分できてほっとしております。

まだまだ捨てるもの山積みですが、こうしたネットワークを駆使して役立てたらと思います。
年末に向け順調に断捨離進んでおります。

頑張りま~す。
[PR]
by midori_ta | 2010-12-07 16:09 | Comments(7)

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧