<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

里親募集中です

c0211194_795790.jpg

昨夜友人から子猫の里親探しの依頼がありました。

生後三週間の美人さんです。
とても愛くるしいでしょう?

ご興味ある方はご連絡下さい。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-30 07:09 | 日常

子宮頸がん検診に思う

今日は気持ちのいい秋晴れでしたね。
会社の仲間と近所のお蕎麦屋さんへ。
そこで話題にあがったのが、子宮頸がんワクチンや検診の話。
私の会社には、いくつかの団体が入っていて、その中にティール&ホワイト リボンという子宮頸がんの啓発活動をしている団体があります。
同じがんとはいえ、部位が変わるとさっぱりわかりません。
そこで大変ためになる話を聞きました。
子宮頸がんの検査の際、その病院が綿棒を使うか、専用のブラシを使うのか確認したほうがいいというのです。 綿棒のほうがコストは安いのですが、細胞がごく一部しか検出されないこと、また、その綿棒をそのまま検査に回す場合はいいのですが、さらにそれをガラス板にこすり付ける場合はその角度などで細胞がうまく取れない場合があるというのです。
日本の子宮頸がんの検査体制はまだ統一されておらず、検診でもれてしまう人もかなり多いとのこと。 ただ正しい検査方法で検診を定期的に受けていれば、予防効果はかなり上がるのも事実。

検診に頼りすぎるのも問題ですが、やはりまず国としてどういう検診をすべきか、ここできっちり定義してほしいですね。 そしてそうした検診体制の改善にお金を出してほしいと思います。
ワクチンも結構、ただワクチンは100%予防できません。 そしてその恩恵にあずかれるのはまだまだ少数の女性。それよりも今の検診体制の見直し、改善が有効かと。

私もまったく知らない話ばかりで勉強になりました。
お昼にこんな話しているのも珍しいよね?

あとお知らせです。
来る10月9日正午から翌10日正午まで東京お台場にある都立潮風公園 太陽の広場にて<Relay for Life Japan>が開催されます。
これはアメリカからスタートしたイベントで、 <がんと向き合い、のりこえる社会>作りを目指し、がん経験者や家族、友人、医療者などが夜を超えて歩くチャリティイベントです。
ご興味ある方はこちらをご覧ください。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-29 20:37 | 医療

コブクロ

遂に手にいれました。
コブクロのカバーアルバム。
限定40万枚ということで、CDショップで買うのはほぼ無理。
アマゾンでプレミアム付きでしたが新品、しかもフィギュア付きというもの。
これです。

c0211194_20364972.jpg


まあ別にフィギュアは趣味ではないのですが、中におさめられている曲が多彩でなかなかいいのです。


J-popあり、BBKingあり、クラプトンのレイラまで。
コブクロは<蕾>という曲が大好きで聴くようになりました。
あの曲を聴くたびに泣けてきます。

メンバーの一人が亡くなったお母様のことを歌っているのだとか。

秋の夜、じっくり音楽に浸るのもまたよしですね。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-28 20:37 | 日常

おでん

が美味しい季節になりました。
今夜は我が家もおでんです。
私は静岡出身ですが、<静岡おでん>は今やかなり世に知れ渡ってきましたね。
子供の頃、おやつはおでんでした。
串にさした<黒はんぺん>や<ちくわ>に青のりとカツオの粉を混ぜたものをふりかけいただくのです。 あと牛すじ肉が入っているのも特徴かな?
真っ黒なおだしで、何日も煮込むのです。 
母が生きている頃は、東京から仕事を終えて帰宅すると、よくおでんを作って待っていてくれたものです。 あの味はまだ達成できてません。

写真ではちっとも美味しそうに見えないね。
上に乗っているのがイワシのすり身でできた黒はんぺんです。

c0211194_19341818.jpg


また幼少の頃、岐阜に住んでいた私は、いわゆる<味噌おでん>も大好きです。
こちらは赤みそをたっぷりつけていただくのですが、なかなか美味です。

地方によって入れる具とか違うのかな?
また何か情報あったら教えてください。

とにもかくにも庶民の味、<おでん>が大好きです。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-27 19:34 | 日常

術後丸3年です

3年前の今日、宮崎にあるブレストピアなんば病院にてFUS(MRIガイド下集束超音波手術)という新しい手法の乳がん手術を受けました。
この手術は当時、おそらく今も治験段階にあり、日本ではMRIのデータが豊富なこの病院が選ばれて参加していました。

乳がんの知識ゼロ、標準治療という言葉も知らず、父の葬儀を済ませて心身ともにまいっていた私はがんに向き合うことなく、なんとなく切りたくないという思いでこの手術に飛びついていました。

あれから3年、前回の検査では特に変化なしとのこと。
ただ術後の違和感はいまだに消えず、照射した部分の腫れはまだ残っています。
新しい手術は症例が少ないため、自分の状態がどうなのか、本当に不安になります。
このFUSという手術は昨年末に子宮筋腫への適用が厚生労働省に認可されたとのこと。
MRIの機械の中でうつぶせに寝ているだけで痛みもなく日帰りです。
筋腫の70%~80%を照射することでQOLが改善し、その後も問題ないとか。

がんのような悪性腫瘍への適用はまだ時期尚早という気がしますが、こうした体に負担の少ない手術が増えてくることは歓迎したいですね。 

ただがんについては原始的ではありますが、医師が目で病巣を確認することも大事だと思います。
私は自分の手術を後悔はしてはいないものの、爆弾を抱えてこれからも過ごしていくのだなと覚悟しています。

体は色々なシグナルを発しているはず。いつもと違うと感じたら、どうか自己判断で済ませないでお医者様に相談してくださいね。 
[PR]
by midori_ta | 2010-09-26 06:06 | 日常

初めてのPET-CT

本日、3年目の画像検査を四ッ谷にあるクリニックにて受けてきました。
もともとの手術はFUSというMRIを使った手術であったため、術後の検査はずっとMRI+マンモやエコーだったのですが、東京の病院に転院してからは初めての画像検査となります。
しかもMRIではなくPET-CTでした。

PETとは陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。

FDGと呼ばれるブドウ糖に近い薬剤を静脈から注入し、その後薬剤が体内に行きわたったことを確認してからPETカメラで撮影します。 がん細胞はブドウ糖を正常細胞より多く取り入れるという性質を利用して、がんがある部分が映像でわかるという仕組みです。

ただこのFDGからはγ線が放射されるためわずかですが被ばくすることになります。
そのため注意書きとして、当日の検査後数時間は10歳以下の子供や妊婦さんには近づかないようにとありました。
私、放射能を発していたんですね!!

検査そのものは、ただ横になっているだけ。20分くらいで、MRIのような騒音もなく、とても楽なものでした。 薬剤がいきわたるまで1時間休み、終わってからも20分休むなど、実際には2時間くらいかかりました。 費用のほうは保険適用だったので3万円弱。 年に一回なので今までの宮崎での検診に比べたら格段に負担は軽くなりました。

結果は1週間後。 全身の様子がわかるのでドキドキものですね。

医療の進歩でいろいろな検査ができるようになりました。それでも100%ではないようです。
自分の身体の変化は自分が一番よくわかりますよね。
自分の勘を信じる-もしかしたら一番正確かもしれません。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-24 18:49 | 医療

中秋の名月

今夜の月をご覧になりました?
とてもきれいな満月が見えます。
そう、今日は十五夜、中秋の名月です。
子供の頃、すすきを取ってきて、月見団子と一緒に飾ったこと思い出します。

かぐや姫の絵本が大好きで、月に帰っていく絵本のイラストにドキドキしたものです。
太陽と正反対の月のイメージ。

Lunaticという英語の意味は狂気、とか変人というのですが、これもLunaという月からきています。 月の魔力とでもいうのでしょうか? 何だか不思議な力があるような気がします。

今日はもう少し月の魅力に浸っていたいな......
[PR]
by midori_ta | 2010-09-22 20:01 | 日常

帰ってきました~

本日、神戸の友人訪問を終えて帰京しました。
今回は遠出したこともあり、ブログ友達にも連絡せずでした。(うさぎさん、ごめん!)

3連休をうまい具合にかわしながらの移動でしたので、新幹線もさほど混むことなく快適な旅となりました。

東京⇔新神戸間には実家のある静岡、幼少時代、小中時代を過ごした岐阜県を通ります。
通過するたびにいろいろな思いにとらわれてしまいます。
特に岐阜での思い出は、若かった両親との思い出でもあり、何とも言えない気持ちになります。

幼稚園の頃、近所で買ったおだんごに野良犬がまとわりつき、私が抵抗した瞬間に太ももをガブリとかまれました。(当時は野犬がたくさんいたのですよ)
狂犬病を恐れた母が救急車を呼び私は泣きながら病院へ。
帰りは母におぶってもらい帰ってきました。
母は生まれついての心臓疾患があり、私をおぶって歩くのは大変だったと思います。
そんなシーンを思い浮かべながら、岐阜があるだろう方角を眺めていました。
近いうち必ず岐阜の街を歩いてみたいと思っています。

さて旅行ですが、今回は前の記事のとおり少し遠出してみました。
とっても得したのは高速料金の無料化の恩恵を受けたことです。
交通費は1000円もしなかったのでは??

兵庫県は瀬戸内海と日本海の両方を持つ大きな県です。 小代は海へのアクセスもいいことからお魚料理も美味しく、とてもいいところでした。 早朝散歩のときに渡されたクマよけの鈴には友人もびびってましたが。 オシャレでグルメな神戸もいいですが、こうした田舎も心があらわれますね。
日本の原風景を見た気がしました。 おすすめです。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-19 19:35 | 日常

-

c0211194_2135420.jpg

c0211194_2135451.jpg

兵庫県の北部にあるおじろ温泉に来ています。
少し北に行けば日本海です。

山の中腹にあるオーベルジュ花郷里は自家菜園の野菜がおいしいペンションです。裏庭はこんな感じで空気がご馳走です。
いつものことながら気持ち良く送り出してくれる夫に感謝です!ありがとうね~。

コメントいただいた方々には東京に戻り次第お返事いたしますね~。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-17 21:03 | 日常

9月といえば

9月といえば、
私の乳がん手術から3年目を迎える月、そして、このブログを始めてから1年目を迎える月でもあります。

乳がんのフォローアップ検診を今月末に受けます。
初めてのPET-CTです。 結果は1週間後ですが、久々のドキドキ感でしょうね。

ブログのほうは、気がついたら1年たっていました。
ブログを通して知り合った沢山の方々、猫好きの方だったり、同じ病に向き合っている方だったり、さまざまですが、とても素敵で貴重な出会いをいただきました。

乳がんを罹患し、深く考えることもなく、治験手術に参加した私。 後悔はしていませんが、標準治療からはずれているという負い目は常にあり、ちょっとした身体の変化に不安になります。
同じ病気の仲間に何か役立つ情報を届けたい、と思っているのですが、なかなか難しいですね。

まあ、あまり気負わず、私なりのペースで、発信できたらと思っています。
今週末からまた主人を置いて、旅してきます。
最近、写真のないさびしいブログですが、何かアップできたらと思ってますので、乞うご期待。


これからもヨロシク~。
[PR]
by midori_ta | 2010-09-14 18:11 | 日常

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧