<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

病は気から

本日、2回目のアップです。
私がお世話になるナグモクリニックのなぐも先生が、ご自身のブログで乳がんについてコメントしています。 私のブログは乳がん仲間も多く訪ねてくださるので、是非読んでいただきたい記事があったのでご紹介します。 (リンクも貼っておきます)

私は人間の体はコンピュター以上に精密だと思います。 感情が及ぼす体への影響はすごいものだと思います。 病は気から、これは真実だと思います。 残念ながらガンになってしまった私達、色々な不安や問題に直面しますが、意識的にポジティブに考えていきましょう。 脳に向かっていつも<大丈夫、大丈夫、絶対に良くなる>と魔法をかけ続けてみませんか?

<ナグモ先生のブログより抜粋>

私たちの身体は交感神経と副交感神経という相対する自律神経のバランスによって保たれています。癌が再発するのではないか、傷の治りが悪いのではないか、それは手術の失敗ではないか、とネガティブに考えているとき、脳はストレス状態にあります。そこでストレスからあなたを守るためにアドレナリンという緊張ホルモンを出します。アドレナリンによって心臓はどきどきして、喉はカラカラ、手足の末端は冷え切って、全身の血流が悪くなります。当然、傷の血流も悪くなります。それだけではなく極限状態に置かれたトカゲは尻尾を切り捨てて難を逃れます。人間も極限に置かれると、心臓や脳といった生命維持に必要な臓器にだけ血流を集中し、手足や末梢の血流をカットするのです。山で遭難したときに手足が腐って落ちてしまうのは大事な臓器を守るために重要でない組織を切り捨てているのです。心配ばかりしていると脳からの指令で乳頭や乳房の皮膚は見捨てられて壊死(腐ること)を起こします。
一方、大丈夫、きっと良くなる、アザや傷も良くなる過程の一つだと思って毎日をポジティブに生きていると脳から幸せホルモンのエンドルフィンが出ます。すると手足はホカホカして、ピンク色になり、喉や眼は潤い、体中の皮膚がしっとりします。当然、傷の血流も良くなるわけで、腐りかけていた皮膚も治ってきます。

 
[PR]
by midori_ta | 2010-01-30 19:08 | 医療

今日のボヤキ

最近空気がどよ~んとしていると感じたことありませんか?
何なのでしょう。 日本全体が疲れているというか、元気ないというか。
まあ昭和40年代のあのエネルギーは期待できないとしても、唯一日本の元気の象徴でもあった経済までもが大丈夫か、と思わせる昨今です。 世界的な景気低迷は仕方ないこととしても、最近発表された海外でのトヨタ、ホンダのリコールは致命的ですね。
アメリカではGM、フォード車がトヨタ、ホンダから乗り換える客には一律1000ドル払うという大キャンペーンを張っているようです。 そもそも日本車は技術力が売りではなかったの?

個人的にはドイツや北欧のあの頑固な職人気質がこめられた車が好きです。 ドア一つとっても、ドイツ車のドアは重いです。カメラも一つ一つが丁寧に作られているし、品質の確かさを感じますね。 長い年月を経て築き上げた信頼は何物にもまさる付加価値だと思います。 日本車メーカーはどうしちゃったのかな? 一番でなくてもいいから信頼できる物作りに回帰してほしいと思いました。 かつて我が家は某日本車メーカーのファンでした。 でもある時期、乗りたい車がなくなってしまいドイツ車に買い替えたのですが、後日、その日本車メーカーからアンケート調査の依頼が来たので答え始めたところ、他メーカーに買い替えたという答えを返したところで、<お客様にはこれ以上お答えいただなくても結構です>とされてしまいました。何故、他メーカーを選んだか知りたくないのか?と、この時点でがっかりでした。 驕れるもの久しからず、ですね。

昨日の新幹線トラブルも重なり、何だかな~と思ってしまいましたわ。 頑張れ、Nippon!!
[PR]
by midori_ta | 2010-01-30 07:28 | 日常

マイケルジャクソン再び

少し前にマイケルジャクソンのコンサートリハーサルフィルムについてブログに書きましたが、本日映画のDVDが我が家にやってきました。
映画の迫力はありませんが、DVDのいいところは繰り返し観れることと、おしゃべりしながら観れることです。
改めて映画を観て、ダンサー達の体の切れ、柔軟性に圧倒されています。
c0211194_1820315.jpg



体は使わないとどんどんサビていきますね。
ヨガを始めて1カ月、計6回のレッスンを受けましたが、明らかに最初とは違います。
脳が体の動きを覚え始めた気がします。 最初の頃はポーズひとつとっても、右・左で迷ったりしたのですが、今は体が覚えているようです。 最初の頃と比べてサイドのストレッチもずっと楽にできるようになりました。
こうなると面白いですね。
一年後、どうなっていることか。 スリラー踊れるようになるでしょうか??? (無理、無理)
[PR]
by midori_ta | 2010-01-27 18:21 | 日常

ひとりごと

早いもので、もう一月も後半です。 こうしてあっという間に時がたつのでしょうね。
New Year Resolutionというわけではありませんが、今年一年どう過ごしたいかをメモとして残しておこうと思いました。

1. 物をふやさない。 本当に必要なのかどうか吟味してから買うこと。 安いからといって買わないで、いいものを大切に長く使うように。 (カジュアル衣料などは例外)
2. 何をしたいのか、何ができるかを良く考えて準備をすること。 思いつきで行動しない。
3. 感情的にならず冷静に対処できる精神力を鍛える。 (ヨガ、 写仏)
4. 好奇心は常にみがいておく。 情報のアンテナははりめぐらし、人とのつながりを大切に。 
5. 自分の健康状態を常に頭におき、無理をせず管理をしっかりしていくこと。 (暴飲暴食をやめ、週5日の軽い運動、睡眠、体を温める)

最近読んだ書評で気になっている本があります。 川端のぶこさんの<断捨離のすすめ>という本です。 彼女自身の経験に基づいた話ですが、物への執着を手放すすすめのようです。 これからの人生、できるだけシンプルに過ごしたいと考えており、捨てれない病を克服したいと思っているのですが。川端氏は心理療法士でもあり、医療の現場でもこの断捨離を勧めており、好結果をもたらしているとのこと。
読後の感想はまた後日に......
[PR]
by midori_ta | 2010-01-26 14:10 | 日常

座学 spiritual protection

昨夜はコーディネーター仲間のEさんのお誘いで、NY在住の馨子ジャスパーさんというヨガインストラクターによる瞑想、座学のワークアウトセッションに参加しました。

ある企業のヨガクラブ主催の会で、少人数のとてもアットホームな雰囲気でした。
ワークアウトの目的は、自分の心と体のバランスを自分でコントロールすることです。
柱となるのは
1 Assessment (査定) 自分の心身の状態を把握する
2 Grounding (グラウンディング) 自分の存在を確認する
3 Separate  (分離) 自分自身の中にプラスのバリアーを設ける
4 Release/Detox (手放す、浄化) 自分の心身の浄化
5 Restore (修復) 自分の傷ついた波動を修復する
6 Integrate (統合) 心身の統合 1人で自分を見つめる時間を作る

とても興味深いセッションでした。 内容をすべてレポートできませんが、日常生活で使えるなと思った点をいくつかあげておきますね。

1: mind/body/spiritは一体である。 心(感情)の制御ができるようになれば、体の制御も可能になる。
私達の日常で体は色々なサインを送っているのに、私達はそれに気付かないし、時には無視している。 一番のチェック方法は自分の呼吸を確認すること。 腹式呼吸ができているか。 息という漢字は自の心とあるように呼吸で心と体のバランスがわかる。 正しい呼吸法を意識する。
2: 免疫力の70%は消化器官にある。 特に腸はストレスによって固くなり、胃腸の管理は重要。 食べたくない時は食べないで胃腸を休めることは大切。 免疫不全の75%は女性。 その背景にはホルモン系が関与している。 感情的な人ほど病気にかかりやすい。 
3: すべての人を受け入れることは無理。 自分が苦手とする相手には愛情のあるバリアを設けること。(敵を愛しなさい、 但し、距離を置くこと)
4: 人の気は手の平から最も多く発せられる。 手は常に清潔に。 冷水で洗い、磁気をはらうために手をたたくことも有効。 笑いは呼吸の流れを変え、泣くことでホルモンに変化がおこる。 感情を抑えることは良くないこと。

いやあ、とても参考になりました。
二人一組で気のワークアウトも行ったのですが、憎しみの感情で送る気と愛情の感情で送る気では全く受け方が違います。 これは面白かったです。 

1人で自分を見つめる時間を持つことは難しいかもしれませんが必要かと思いました。
ラベンダーのフラワーエッセンスの香りで癒されながら、ヨガとの出会いも私にとっては必然だったと思っています。
[PR]
by midori_ta | 2010-01-22 07:03

母と娘 京都の旅

東京に住む姪の誘いで、OZマガジン主催のイベントに行ってきました。 場所はホテルオークラ。
最近、ほとんど毎日ノーメーク、ジーンズ、セーターという私も、さすがオークラということでスーツ着用。
スーツを着ると気が引き締まるのは不思議ですね。 
張り切って出かけたのはいいのですが、待ち合わせ時間を一時間勘違いし、ロビーで約1時間待つことに。

このイベントの対象は母と娘なのですが、姪の仕事の関係で特別に招待されました。
まあ東京の母ということで大丈夫かと。
私達夫婦には子供がいないこともあり、姪二人は実の娘のように可愛がってきました。
昨夜一緒だった長女のKちゃんは独立心旺盛で、函館から1人上京しフリーのライターとして頑張ってきました。 誰からの援助もなく、1人で出版社を回り人脈を作り今日にいたっています。 今は素敵なパートナーに恵まれ幸せに暮らしています。
両親の離婚という子供にとっては辛い経験もしてきていますが、本当に素直で優しい女性に育ちました。これはやはり義姉によるところが大きいでしょう。 通常離婚すると婚家とは疎遠になりがちですが、義姉は亡き両親の想いを考え、孫が両親と自由に会えるように心を配ってくれました。
亡くなった父の最後の誕生日に姪は婚約者とともに訪ねてくれて結婚の報告をしてくれました。
その際、父ははっきりと<仲良くね。 宜しく頼むよ>と口にしました。 4ヶ月後に父は亡くなりましたが、可愛い孫娘の報告を誰よりも喜んでいました。

イベントそのものよりも、姪と二人夜遅くまで色々話せたことが嬉しかったです。
気がつけば彼女も30歳を過ぎました。 年とるはずですね~。

カメラを持参するのを忘れ撮った写真はこれ一枚。 京都の老舗の和菓子屋さんがこのイベントの為に作った虎が刻まれたおまんじゅうです。 まあおめでたいということで....
c0211194_8185015.jpg


先ほど姪から写真が数枚送られてきました。 この写真はイベントのプログラムの一つ、風呂敷でエコバッグを作るというもの。 私と違って姪は手先が器用で、すいすいできてしまうのに、私は今一つ指先と脳がつながっていないかのよう。 でも今日も風呂敷でエコバッグ作って使いました! お勧めです。

c0211194_16205931.jpg

[PR]
by midori_ta | 2010-01-20 08:20 | 日常

阪神淡路大震災に想う

15年前の1月17日午前5時46分、神戸を中心に大地震が起こりました。
今でも朝TVをつけた時の衝撃は忘れることができません。
あたり一面火の海と化した神戸の街、崩れ落ちた高速道路......
平日だったため、とにかく会社へ向かいました。 会社のTVの前には大勢の社員が言葉もなく画面にくぎ付けとなっていました。

私も従妹が芦屋に住んでいたため、すぐ実家の両親に安否の確認したところ、叔父たちが連絡をとろうとしているけど電話がつながらないと。 結局、夕方になって本人から電話があったのですが、それまでは心配で仕事になりませんでした。 会社の後輩は神戸出身、その日はほとんど仕事にならなかったと思います。
実家のご両親、親戚、友人たちの安否を案じつつ、自分の生まれ育った街ががれきの山と化しているのを目にするのは辛かったと思います。 幸い彼女のご家族はけがもなくご無事でした。 でも彼女の友人の何人かは犠牲者となったと後で聞きました。 今回中米のハイチでも大地震が起こりました。 がれきの下から助けを求める姿に心が痛みます。 中国は翌日救援隊を送りました。 日本はというとようやく今日医療チームが向かったといいます。地震国であるからこそ、もっと迅速な対応をしてほしかったです。 

15年前失われた6343名の尊い命に改めて想いを馳せご冥福をお祈りしたいと思います。合掌

写真は去年の秋撮った六甲山から見た神戸の街です。

c0211194_19211655.jpg

[PR]
by midori_ta | 2010-01-16 19:25 | 日常

佐野洋子さん

佐野洋子さんと言えば思い浮かぶのは<百万回生きたねこ>でしょう。
私が最近ハマった彼女の本が2冊あります。
一冊は<シズコさん> これは彼女のお母さんのことを綴ったエッセイ集です。洋子さんは幼い時から母親とうまくいかず、ずっとその想いを引きずって生きてきました。 お母さんが晩年、認知症になってから、初めて母親に甘えることができるのですが、それまでの葛藤をユーモアと涙で綴っています。 母と娘は時には微妙な距離感がありますね。息子が一途に母親を慕うのとはちょっと違うような。 母を亡くして今年の7月で丸4年になりますが、心のどこかで私も洋子さんのように心の底から甘えたかったと思っているのかも。 

洋子さんも数年前、乳がんになり昨年余命1年と伝えられました。 もう一冊の<役に立たない日々>はそんな重大な事件も何気ない日常の一こまのように語られているエッセイです。 読んでいてスカッとする、そんな1冊です。 彼女の実家も静岡市にあったようで、本の中で出てくる弟さんの静岡弁も親しみを感じました。
機会があれば是非ご一読あれ。

c0211194_8503685.jpg



 
[PR]
by midori_ta | 2010-01-13 08:52 | 日常

成人の日

今日は成人の日。
平成生まれの成人の皆様、おめでとうございます。
ただ成人の日が15日でなくなってから、何となくありがたみが少なくなってしまったような....

私は大学入学と同時に住民票を東京に移していたので、故郷での成人式には出席しませんでした。
同じく東京組のMちゃんと二人、ジーンズで同級生が集まる公会堂に、皆の晴着姿を見物しに行ったのを覚えています。
亡くなった母は着物を着せたかったみたいですが、当時(今もか?)からひねくれていた私はそういった体制的な行事に妙に抵抗があり、あえてジーンズで出かけていきました。
若かったね~。 あの頃の日本には、まだ学生運動の名残がありましたもの。

ここ数日、胃腸の具合が悪く風邪のような症状でした。
こういう時は食べないのが一番。 水分補給と温める、これに勝る薬はありません。
お陰さまで昨日の夜あたりから体調が戻ってきました。
最近発見したおいしい生姜のとりかたは、市販されているインスタントのカフェラテ(パウダー状)にすりおろしたショウガを少し混ぜるだけ。 こうすると変な甘みがとんでいけるんです。
体も温まるしお勧めです。

今日は東京でも雪がちらついたとか。 寒いです。 暖かくして風邪ひかないようにしましょうね~。
[PR]
by midori_ta | 2010-01-11 14:07 | 日常

クリック募金へのご協力のお願い

今日も寒いですね~。
東北や北海道は大雪とか。
改めて雪のない東京は楽だと実感します。

ところで今日はクリック募金へのご協力のお願いです。
皆さんもご存じのとおり、子宮頸ガンは乳がんと並んで女性特有のガンです。
特に30代からの若い女性も罹患することが多く、最近では頸がん予防ワクチンが認可されたことで話題になりました。

私がお世話になっているNPO法人も子宮頸がんの予防活動などに参加しています。
今回、某生命保険会社により、子宮頸がんに特化した啓発活動「ティール&ホワイトリボンプロジェクト」へのご支援をいただくことになりました。

「クリック募金」は「クリックで救える命がある」をテーマに、さまざまな社会貢献活動と、企業の社会貢献を結びつけ、クリックするだけでスポンサー企業が、クリックした方に代わって、支援先に寄付をする仕組みです。
支援生命保険会社が、子宮頸がんの予防啓発を目的として、1クリックにつき1円を「社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト」と「特定非営利活動法人・子宮頚がんを考える市民の会」へ寄付することになっています。

この趣旨にご賛同いただける方はどうか上に添付したリンクからHPに入ってボタンをクリックしてくださいね。
毎日クリックしていただいても構わないので宜しくお願いします。
子宮頸がんは乳がんと異なり、早期に自分で気づくことが難しいガンです。 だからこそ若いうちからの定期検診が必要です。 また若い人に頸がんのことを知ってほしいと思います。 
1人でも多くの人の命が救われますように.....
[PR]
by midori_ta | 2010-01-07 15:14 | 医療

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧