ラビリンス・ウォーク 

日曜日の表参道はすごい人手。
お目当てはこれ、クリスマスイルミネーションです。
c0211194_17404566.jpg


久しぶりに出かけた表参道。
東京ユニオンチャーチでお友達が開いたラビリンス・ウォークに参加しました。
ラビリンス・ウォークとはキリスト教的瞑想とでもいいましょうか。
迷路のような(迷路ではない)道をただひたすら歩くだけです。
歩くスピードもスタイルも自由。
アメリカでは病院の庭でがん患者さんが歩いたり、心理療法としても使われているようです。

7月にも歩いてみたのですが、その時は上智の教室内でした。
その時の感覚は母のお腹の中にいるような穏やかな感覚でした。
今回は教会ということもあり、道そのものが自分の人生の縮図のように思えました。
曲がるところでは必ず立ち止まってしまいます。

緩和治療を受けている友人のことを想い、彼女のために祈りながら歩きました。
こういうゆったりとした時間、なかなか持てませんが、友人はも翻訳出版したのでご興味ある方はご一読を。
[PR]
by midori_ta | 2014-12-09 17:41

30数年勤めた金融業界から引退し、のんびりライフの日常と想いを綴ります. 写真は先代猫アディーです


by midori_ta
プロフィールを見る
画像一覧